ようこそバイセルへ!!!2019年度入社式を執り行いました🌸

ようこそバイセルへ!!!2019年度入社式を執り行いました🌸

4月1日93名の新入社員の皆さんを迎え入れ、バイセルは新たなスタートを切りました!今回は、感動の入社式当日を振り返り、写真も踏まえてご紹介いたします!会場は、毎年お世話になっている「ザ・ペニンシュラ東京」
荘厳な空気に包まれる中、2019年度の入社式が執り行われました!


ザ・ペニンシュラ東京は、2019年2月に米国の権威ある雑誌「フォーブス・トラベルガイド2019」にて“ホテル部門”においては4年連続の五つ星を獲得している格式高いホテルです。
毎年、当社の入社式を開催させて頂いております。

岩田匡平代表取締役社長兼CEOからは、入社の激励のお言葉として、当社のミッションの意味とは何か、新入社員の皆様にお話しいただきました。

岩田 匡平 代表取締役社長兼CEO

当社のミッションは
「人を超え、時を超え、たいせつなものをつなぐ、架け橋となる」です。
これは

自分以外の人の為、今以外の世代の為に事業を通して
社会に貢献していくということ。
そしてミッションとは何か=それは使命である。
使命とは何か、「命を使う」と書きます=それは生きるということ

ひとりひとりの存在価値を指しているのです。
不撓不屈の精神で、一所懸命

「貢献」という名の立派な架け橋となってください。

続いて、片岡 尚 取締役副社長より、お祝いのお言葉を頂きました。

片岡 尚 取締役副社長

私がが仕事をしていくうえで大切にしてきたことを3つお伝えします。

「楽しく全力で仕事をしていく」

楽しいときは全力になれる=全力になれることは楽しい
これは普遍的な原理だと思います。
そのサイクルが回るように心がけてください。

「何よりスピードが大事」

スピードが大事というのは誰でもわかっている事です。
何よりもスピードを最優先にすること。
それを徹底することが仕事をするうえでとても大切な事です。
また、「ファーストチェス理論」という話があります。
これは、「5秒で考えた手」と「30分かけて考えた手」は、実際のところ86%が同じ手であることが実証されているという理論です。
同じ決断を下すなら、早いほうがいいわけです。
考える時間ができる。だめなら方向修正ができる。
自分に余裕が生まれる。追加オーダーができるなどのメリットに加え
信頼も勝ち取ることができるからです。

弊社のバリューの一つにある
「すぐつなぐ」
という言葉にもあるように、何よりもスピードを優先し取り組んでください。


「仕事の壁を作らない」

指示が与えられていないこともすべて自分の仕事だと思うこと。
誰かがやってくれる、それは私の仕事ではないという壁をつくらないこと。
みんなが、全部自分の仕事だと思って取り組めば、

仲間に感謝の気持ちをもてるし、仲間からも感謝されます。

これから本当に楽しい・輝かしい日が待っています。
役員、幹部、新入社員の皆と一体となって
もっともっと当社を成長させていきましょう。


皆さん、ご入社おめでとうございます。

入社証明書交付では、新入社員代表として林 知名津が登壇し
市川 智久 執行役員人事部長より交付されました。
交付時には、林さんと出会ってから入社を決断し、この入社式を迎えるまでのエピソードが語られ、最後にお母様から林さんへ向けた、心温まるメッセージを代読。感極まりました。。。

市川 智久 執行役員人事部長 (左) より、入社証明書を交付される新入社員代表 林 知名津(右)

新入社員代表挨拶では、新入社員代表として長岡 拓馬が登壇し、岩田代表取締役兼CEOへ決意表明をこめて、挨拶を行いました。


「常に勇気をもち、常に打席に立ち、挑戦する社会人になります!」と力強く宣言。晴れて、新たな第一歩を踏み出しました!

晴れて、社会人1年目を迎えた新入社員の皆さん。
改めて、ご入社おめでとうございます!

入社式の翌日からは、2泊3日の合宿研修へ!
次回は合宿研修の様子をお伝えいたします!

記事:採用広報_佐藤